騙されないで!金利はしっかり確認しよう

悪徳業者はあり得ない低金利を提示して客集めをする

カードローン会社がどのように儲けているのかというと、客が支払う利息です。銀行にお金を預けてもぜいぜい年利は1パーセントですが、カードローン会社が客にお金を貸した場合の利率は、だいたい年利18パーセントです。年利は融資額が増えれば増えるほど、法律上、上限が下がるので、すべての客の利率を平均すれば18パーセントよりも確実に低くなりますが、それでも銀行の利息よりは遙かに高い利息を手にすることができます。
つまり、金利はカードローン会社にとって生命線であり、これをどのように設定するかで儲けが変わってくるわけです。
悪徳業者の場合、非常に低い金利で融資すると思わせて客を集め、実際は高い金利で契約しようとするので注意が必要です。

具体的な金利を広告に載せない業者も要注意

では、悪徳業者に騙されないためにどういった点をチェックすればいいのでしょうか。まず、ほかのカードローン業者と比べて低すぎる金利は疑った方がいいでしょう。50万円を貸す場合、金利の上限は18パーセントなので、15パーセント程度で貸すことは十分考えられますが、1パーセントで貸すことはまずあり得ません。大手消費者金融などが利息を取らないという宣伝をしていますが、これは「初回契約時のみ一カ月限定」など、あくまでも条件つきです。
具体的な金利が書いておらず、単に「低金利で融資します」などと宣伝に書かれている場合も、かなり疑うべきです。きちんとしたカードローン会社が、具体的な金利を明示しないということはあり得ません。