審査で見られているのはどんなところ?

キャッシングの審査では信用情報が1番大切です。

金融機関にキャッシングの申し込みをしたら、金融機関は最初に信用情報登録機関に過去のデータを照会します。こちらで保管しているデータは過去の支払い履歴だけでなく、クレジットカードなどの申し込み履歴も保管しています。金融機関はそのようなデータを参考に、きちんと返済できる人かどうかを判断します。仮に遅延などのネガティヴな情報が記載されていたら、金融機関は融資に慎重になります。仮に信用情報が全くない場合でも、過去に自己破産などの債務整理をした可能性を考えて融資に慎重になる可能性もあります。そうならないための方法ですが、携帯電話の分割支払いもクレジット契約になるので、信用情報が全くない事による融資拒否は可能性が低くなりますよ。

勤務先の規模も大切です。

キャッシングを提供している金融機関は勤務先の審査も行います。その理由ですが、いくら信用情報が良くても勤務先が倒産したら、金利手数料だけでなく元金も回収できなくなるからです。勤務先が公務員や大手の企業だと、審査のハードルは低くなり中小企業だと審査のハードルは高くなります。中小企業だと経営体力が脆弱である可能性を金融機関は考えて、融資を拒否する可能性が公務員や大企業と比べて高くなります。仕事が自営業だとさらにハードルは高くなり、厳しい審査となります。自営業の人が審査を通過しやすくなるには行政機関が発行している納税証明書などを審査申し込みの際に提出すると、多少にはなりますが審査に通過する可能性が高くなります。